フォローする

J-MOTTOコミュニティご利用規約

リスモン・ビジネス・ポータル株式会社(以下「RBP」といいます)は、RBPが提供するインターネット上にて提供する「J-MOTTOコミュニティ」サービス(以下「本サービス」といいます)の利用に関して、以下のとおり会員規約を定めます(以下「本規約」といいます)。

 

本サービスのユーザーは、本サービスを利用することにより、本規約のすべての記載内容について同意したものとみなされます。本規約は、RBPの都合により改定することがあります。本規約の改定は本サービス上で告知するものとし、告知後に登録ユーザーが本サービスを利用した場合には、改定後の規約に同意したものとみなします。

 

第 1 条(ユーザー登録)

ユーザーは、RBPの定める方法に従って本サービス上にコンテンツ等の情報を発信することが可能なユーザーとして登録することができます(登録されたユーザーを以下、「登録ユーザー」といいます)。

 

第 2 条(パスワードの管理)

登録ユーザーは、登録したパスワードやIDを他人に使用させてはならないものとします。ID及びパスワードの管理不十分、使用上の過誤、もしくは第三者の使用等についてはすべて会員が責任を負うものとします。

 

第 3 条(登録ユーザー資格の取消)

以下の事由が判明した場合には、RBPの判断により、登録ユーザー資格の取り消しならびに、本サービスの利用を禁止することがあります。

(1)登録申込みの際の記入事項に不実虚偽の記載または記入漏れがあることが判明した場合。

(2)パスワード、IDを不正に使用した場合。

(3)本サービスの提供する情報を不正に使用した場合。

(4)本規約の条項および条件のひとつにでも違反した場合。

(5)RBPの業務遂行およびネットワーク網等に支障を及ぼした場合またはそのおそれのある行為を行った場合、およびそのおそれのある場合。

(6)その他、RBPが本サービスの利用について不適当と判断する場合。

 

第 4 条(登録情報の変更)

登録ユーザーは、登録した事項に変更が生じた場合には、速やかに登録情報を変更するものとします。登録情報を変更しなかったことにより発生した損害等についてRBPは一切責任を負いません。

 

第 5 条(サイトへの接続など)

本サービスを受けるためのサイトへの接続は、ユーザーが自己の費用と責任で行うものとします。RBPのサイトへの接続中、回線の都合等で接続が中断した場合にも、RBPでは一切の責任を負いません。

 

第 6 条(著作権)

本サービスで、RBPが提供しているレイアウト、デザイン、構造に関する著作権(が発生する場合)はRBPおよびその提供者に帰属します。また、登録ユーザーが本サービス上に掲載した情報・コンテンツその他本サービスを利用してRBPに送信した情報(以下「掲載情報」といいます)の著作権は、登録ユーザー本人に帰属します。よって、他のユーザーは権利者の許諾を得ないで、複製・頒布・送信・譲渡・貸与・翻訳・翻案等を行うことはできません。ただし、登録ユーザーが本サービスに情報・コンテンツを登録した場合、RBPに対し、本サービスの活性化とユーザーの利便性向上の目的で掲載情報を無償で非独占的に使用する権利(複製・頒布・送信・譲渡・貸与・翻訳・翻案・再使用許諾(サブライセンス))を許諾したものとみなします。また、当該掲載情報を登録したユーザーは、著作者人格権を行使しないものとします。

 

第 7条(登録ユーザーに関する情報の利用)

RBPは、登録ユーザーが登録したユーザー情報のうち、個人情報について、プライバシーポリシーの定めに従い、厳正に管理します。

 

第 8 条(禁止事項)

  1. 登録ユーザーは、本サービスを利用するにあたり、以下に該当する行為、またはその恐れがある情報・コンテンツの投稿をすることはできません。

(1)公序良俗に反する場合(反社会的活動およびその宣伝活動)

(2)犯罪的行為(コンピュータウィルス・ジャンクメール・スパムメール・チェーンレターの配布、ねずみ講にあたる行為を含む)を助長しまたはその実行を暗示する場合

(3)他のユーザーまたは第三者の知的所有権(著作権・意匠権・特許権・実用新案権・商標権・ノウハウが含まれるがこれらに限定されません)を侵害する場合

(4)第三者の個人名を示して批判・中傷する等他のユーザーまたは第三者の財産・信用・名誉等を毀損する場合および、プライバシーを侵害する場合

(5)法令に反する場合

(6)他のユーザーまたは第三者に経済的・精神的不利益を与える場合

(7)他のユーザーまたは第三者に対する誹謗中傷、いやがらせの場合

(8)選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似する場合、および公職選挙法に抵触する場合

(9)自己または第三者の営業に関する宣伝、そのほか商業目的での利用である場合

(10)未成年者に対し悪影響があると判断される場合(性風俗、宗教、政治に関する社会的行為を含む)

(11)本サービスの運営を妨げ、または、RBPの信用を毀損する場合

(12)本規約の条項に違反する場合

(13)その他、RBPが不適当と判断する場合

  1. 掲載情報が上記に該当するおそれがある場合、 RBPは、投稿者その他第三者の承諾を得ることなく当該掲載情報の一部または全部を削除することができるものとします。

 

第9条(特定登録ユーザーに対するサービスの停止)

RBPが、RBPないし第三者に損害を与える危険があると判断した場合には、特定の登録ユーザーに対し、そのパスワードを直ちに無効にするなどの措置により、サービスの停止を行うことがあります。

 

第 10 条(免責)

1.RBPは、ユーザーに対し、本サービスにおける情報の正確性、完全性、目的適合性、有効性などについて一切保証いたしません。

2.登録ユーザーは、自信の本サービスへのコンテンツの送信を含む利用行為に全責任を負うものとし、登録ユーザーが本サービスに送信したコンテンツが第三者の権利を侵害する等登録ユーザーの本サービス利用によって第三者に損害が生じた場合であっても、RBPは一切の責任を負いません。

3.RBPは、第三者の権利を侵害する等の本サービス上の不適切な掲載情報は削除することに努めますが、常時本サービスを監視し、不適切な掲載情報をただちに削除する義務を負うものではありません。

 

第11条(サービスの中断等)

1.RBPは、本サービスの運営上必要な保守等のため、ユーザーに事前に連絡することなく、サービスの全部または一部を中断することができます。このサービスの中断による損害について、RBPは一切責任を負わないものとします。

2.RBPは、RBPの判断により本サービスを廃止することができます。この場合には本サービス上でユーザーにあらかじめ告知するものとします。

 

第 12 条(RBPに対する賠償)

登録ユーザーが本サービスの利用に関して、故意または過失により第三者に損害を与えた場合には、当該行為によって生じたすべてのクレームや請求については、当該登録ユーザーの費用と責任で解決するものとします。また、当該クレームや請求への対応に関連してRBPが損害賠償金等の支払いを行う等何らかの費用を負担した場合には、当該ユーザーは当該費用および損害賠償金等(RBPが支払った弁護士費用を含みます)を負担するものとします。

 

第 13 条(提供サービスの変更・廃止)

RBPは、本サービスの内容をいつでも変更・廃止することができ、登録ユーザーは予めそれに同意するものとします。

 

第14条(規約の変更)

登録ユーザーは、本規約がRBPにより変更されることに予め同意するものとします。RBPは規約の変更をした場合には変更後の規約を本サービス上で開示することにより登録ユーザーが閲覧することのできる状態に置くこととします。

 

第 15条(準拠法・合意管轄)

本規約は、日本法に準拠して解釈されるものとします。 本サービス利用に関し紛争が生じた際には、東京地方裁判所を第一審の合意管轄裁判所とします。

 

以上

 

本規約は平成28年4月1日から発効し、適用されるものとします。

 

(附則)

◆制定:平成28年4月1日

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。